『オウンドメディア研究会 研究報告書1』が出版されました


デジタルハリウッド大学院を拠点として活動し、私も研究員として参加させていただいている「オウンドメディア研究会」の研究成果が、この程中途報告として出版され、私も第1章・第3部で執筆をさせていただきました。

owendmedia

「オウンドメディア研究会」は、メディアを持つことができるようになった中小企業にとってより重要な存在になるであろう「メディア・マネージャー」の育成を目的とし、現在企業でメディアマネージャーやWeb担当者として活躍している方、Webディレクターとして案件管理に携わる方、広告制作会社などが参加している有志の研究会です。

私の立場から申し上げると、中小企業にとって最も重要といっても過言ではないWeb展開について、様々な理由から力を入れられていないケースが散見されています。そのために私のような支援者が存在するわけですが、本来的にはより高次の販促やブランディングができる可能性がありながら、メディア・マネージャーの不在により実現できていないケースが多くあります。

現在デザインMBAなどの資格はありますが、メディアに関する統合されたカリキュラムは存在しません。本研究会がメディア・マネージャーの育成につながり、日本の9割以上を占める中小企業にとってより良いブランディング活動ができるようなればと思い、参加・研究を続けていこうと考えています。

書籍はAmazonで購入いただけます。
実際に出版されたものを見ると、途中報告だけに色々と気になる点があります。次回出版される際には修正し、内容がよりわかりやすく伝わるよう、努力したいと思います。